2011年11月16日

三番瀬アパートのわん達




CACIカレンダー2012

絶賛発売中!!


2012CalendarLogo2.jpg


カレンダーの売り上げが医療費のツケの支払の一部になります。
現在、CACIのわんこ医療費は年間400万以上。
半年分ずつ請求が参りますが、常時ツケが年間医療費の半分ほど溜まっている状態です。
半年後の請求までに、前期の支払をなんとか少しずつお支払し、完済している状況。
まぁ、常に収支はマイナスなんですが、(多かれ少なかれ、関わる人達の要は持ち出し・自腹・ご支援です。)
持ち出そうにも、持ち出すもんすらもうないという、現在のCACI。

冨里多頭飼育も着手していますし、センターからの引き出しもスペースがある限り、
休むことなく継続しています。

このカレンダーの売上なしでは、次の請求、今年後半分のとりあえずの一部支払の
目途はありません。
フリマやオークション、そして皆様からの“1Coin for 6days”を含むご支援は
日々の掛かりに当てさせて戴いていますが、それすら賄いきれず、
さらに医療費を賄うのは難しい状況です。
医療費が賄えない=収容頭数の制限になってしまうのです。

1年間、ガンドッグの姿を笑顔で眺められるこのカレンダー。

売り上げは確実にわんこの今を支えます。
そして、わんこの命を救います。

自ら手を差し伸べられなくて・・・という私達に代わって、
ガンドッグ達に、手を差し伸べ続けているCACI.
彼らがこれからも手を差し伸べ続けられるように、私達ができることを一緒に。

ちなみに執事は恒例の“体でご支援”で、このカレンダーの発送係を。
執事、せっせと詰めて、送ります!うぇい、うぇい、おぅぅぅぅぅぅぅぅっ。
週末中に発送終わらせたるっ!!ご注文いただいた方、もう少々お待ち下さいまし♪






CACIのHPをご覧の方はご存じかも?ですが、
CACIはカンドッグレスキューとして活動を始める前に
船橋の三番瀬という場所に捨てられた犬達の保護を長年続けていました。

行政から土地を借り、そこに犬舎を建て、お世話をしながら里親さんのもとへと
わんこ達を送り出してきたのです。

最終的に残ったわんこ達はCACIと現地でお世話を続けていたSさんが
三番瀬アパートでその後、お世話を続けていらっしゃいました。
そして先日、三番瀬わんこの最後の1頭、海がお空に。


今、三番瀬アパートには ポインターのロックと雑種の千春、
そして先日センターアパート近くで彷徨っているところを保護された
栗太郎の3匹をSさんがお世話しています。

千春アップ.jpg


千春ですっ♪♪笑顔が出るようになりました犬(笑)


千春お散歩.jpg
お散歩大好きっす犬(足)
見かけによらず、結構ぐいぐい行きますんです顔(笑)
ゆえに逃走防止のチョークは必着。
逃げたら早々簡単には捕まらんわんこでしょう、コヤツもたらーっ(汗)




千春の通院係の執事は定期的に三番瀬アパートを訪問。

千春運搬1.jpg


千春運搬2.jpg


運ばれる千春

執事車搭載わんこはもれなく、“籠の犬”が執事ルール顔(イヒヒ)
飼い主が付いていて、自己責任でフリーでという以外は、例外はなしっ!!
ということで、執事車には常にケージ搭載Good執事犬、いねーのに顔(汗)





なかなか三番瀬アパートのコ達の様子をお伝えできずなので、
訪れた折りに写した様子をUP♪


Sさんは魔法の手を持つと紹介されたこともある方。
どんなわんこにもSさんは分け隔てなく、ただじっと寄り添います。
わんこがSさんを受け入れるまで。
どれだけ時間がかかろうが。

なんといっても長年Sさんと寄り添ってきた以心伝心な海がいなくなり、
ロックと千春はその後釜の争奪戦を繰り広げています顔(イヒヒ)
どっちも必死。

千春とロック1.jpg


千春とロック2.jpg


千春とロック3.jpg


千春とロック4.jpg


ロックいいお顔2.jpg


ロックいいお顔3.jpg


ロックいいお顔4.jpg


ロックいいお顔5.jpg


2匹して、Sさんの右と左の定位置にぴったり寄り添って。
満足なのねぇ〜〜〜〜。

ロックは特になにしろ甘ったれだしね。





人に対する信頼感の薄かった千春。
当初は信頼感というより、人が眼中にない感じだった。
どーせ人はアタシのことなんか無視するんだもんっ!って感じで。


そんな千春も今では、Sさんの後を追っています。
千春なりに人ってそんなに悪いもんじゃないってわかった様子で、
最近ではお外でも人に近づいてゆくことも増えました。
とっても控えめなコなので、我先にと積極的にではないけれど。
でも千春的進歩としては、当初の千春の姿を知っている執事は逢う度に
その進歩ぶりにびっくり@@




犬は変わる。

人次第で。




目のあたりにしている執事です。

犬次第で人が変わるのは相棒ちょびで嫌ってほど思い知らされた執事ですが顔(イヒヒ)






そもそもCACIのボン様と執事が出会ったのはある迷子わんこ捜索の現場でした。
そのわんこも徹底的に人に対する信頼感の薄いわんこでした。

長期かかったものの、無事迷子わんこを捕獲したのですが、
Sさんは捕獲にもボン様と一緒に参加して下さり、
捕獲檻の設置や撤去でもお世話になったのが最初の出逢い。


執事はSさんに、誠実に犬と寄り添うって姿勢を見せて戴いています。
知識やら情報なんて関係ない、心で、そのまま、向き合うこと。
ありのままを受け入れること。

一番シンプルなんだけど、一番難しかったりすること。
それを淡々と当たり前に、黙々と続けるその姿勢は自分にはないもので、
お会いする度に、そのことに気づかされます。


きっと、ボン様との出逢いがなければ、このことに気付かぬままでいた執事でしょう。



自分の凝り固まった“視野”を広げてくれたSさんとの出逢い。
いろんな経験をさせて戴いたボン様との出逢い。

改めて感謝です。



だから、走り続けるCACIをこれからも執事は勝手に応援団しま〜す♪

にほんブログ村 犬ブログ 狩猟犬へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

執事は先日、以前にご紹介した仙台のDogwoodさんが並行して行っている人支援、
スコップ団に入団。

遅ればせながら、スコッパーデビュー果たしてきました。

スコップ団縮小.jpg


8か月、時が止まったままの家をスコップで救っています。
3月10日まで、彼らは続けるとのこと。

スコップ団


宮城の未来を生きる子供達(実は大人もOKなんですが)にお誕生日にケーキを無料で
届けるという
活動も同時に行っています。

Smile for birthday

これらの活動を行ってる団長、平了さんのブログ。
どうせ地球のチリだからな

震災当日から、Dogwoodでの犬猫保護活動を始め、(田んぼのイルカも助けちゃった)
ガソリンの大量調達や安置所へのドライアイス支援、避難所への物資支援など、
“人助けに理由はいらねぇ”をスローガンに走り続ける彼ら。

来年の3月10日に、最後の活動として、お供えをぶっ放すそう。
天国へぶっ放せ!


ニックネーム 執事 at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | CACI支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2930229
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック