2011年07月07日

“1Coin for 6days”2011年6月分お届け報告&秘蔵画像公開


201106 1Coinお届け.jpg


じゃじゃんっ。

満を持して、ボン代表登場顔(イヒヒ)

皆様からの6月分、7月3日にボン代表にお届けして参りました。


本人はどアップ過ぎるあせあせ(飛び散る汗)
申しておりましたが、スルーで、ばっちり張り付けてみた執事Good


ついでに秘蔵画像も張り付けちゃうっ。

セターとボン様.jpg


ザボンとボン様.jpg


ザボンとボン様2.jpg



ガンドッグを見つめる視線
ガンドッグに寄りそう手


ボン代表とガンドッグ。
ついシャッターを切ってしまった執事です。




ついでに、執事病院お運び担当な千春も。


千春寛ぐ.jpg


三番瀬アパートで佐藤さんに見守られながら
(三番瀬アパートの紅一点で大事にされまくってます顔(笑)
わがもの顔です。

その様子から、ずっとお外飼いであったのが、ありありと推測できた千春。
室内も人も、未知との遭遇で、挙動不審であっせあせだった千春。

室内も人も、経験値積んで、やっと余裕が出てきたかな。


病院の待ち時間。





相変わらず、微妙に落ち着きませんが、でもでも、かなーりの大進歩。
だってー、視線合うようになったし、
近寄ってくるようになったし、
撫でさせてくれるようになったし、
手を出しても、後ろにぶっとばなくなったも〜んっGood

最初に遭った時は、ぜーんぶ無理ぃ〜だったのに。
よっ、千春、大進歩っ。お見事っ!!



千春はなにもせず、じぃーとしていると、そっと近寄って来て、ぺろって
手を舐めてくれます。
千春なりのお近づきの印。
非常に非常に控えめな、奥ゆかしさがウリでございます顔(ペロッ)

この動画みておわかりの通り、前庭疾患はほぼ回復手(チョキ)
首が120度曲がっちゃったよぉ〜〜〜顔(泣)
激しい斜頸に、一時はどうなるかと思いましたが、
順調に回復して、現在はほぼ分からない状態に。
歩行も完全に回復。
先生からも、前庭疾患は完治ですね♪のお言葉を頂戴して参りました。
よかったなりぃ。


アパートではまったりとマイペースでお過ごしの千春ですが、
お外ではいつ何に驚いて、ばびゅーんっ!!とパニクるか分からないゆえ、
佐藤さん工夫の“リード外れたら、即フルチョーク”な逃走防止対策は
欠かせません。
千春には赤が似合うという執事&佐藤さん共通の思い込み思い入れで
真っ赤なフル装備を新調してみましたデス。
佐藤さんが真剣にフリマで“千春は赤いのが似合うんだよ”と
リードを選ぶ姿はかなり可愛かったです顔(笑)



これからも、千春の様子をお伝えできたらと思っています。


ニックネーム 執事 at 23:07| Comment(2) | TrackBack(0) | CACI支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
応援くださいます皆様へ

CACIボンです。
いつも応援くださいまして
本当にありがとうございます!

実は、CACI卒業犬をお届けした帰り道
道に迷い、疲労もあり
事故を起こしそうになりそれ以後
運転を控えておりました。
そのことを知った執事様は
お届け、センターからの引き出し等
一緒に行ってくださっています。

執事様もお忙しい中、時間を割き
心を痛め、それでも支えてくださる
お気持ちに、心からの感謝と
申し訳なさがこみ上げてまいります。

CACIのボランティアとしての立場ではない
ご支援くださる一人であると言い切って
いらっしゃいますが、CACIボランティア
以上に考え、そして行動してくださることに
心強く、本当にありがたく思っています。

会うたびに人柄の良さ、心の温かさを
感じ、私より若いのに、しっかりとしていて自分の世間知らずさを思い知らされたりもします。
至らぬことばかりで、甘えることも多く
執事様には
『出会ったが運のつき・・あきらめて・・』と日々言い聞かせている次第です(笑)

その仕返しか!やられました!
確か、口から下を撮影したような記憶でしたがここまで見事にドUPのしかも正面写真をあげていただき、してやったりと、今頃
笑っているのが目に浮かびます。

顔の皺がもっと増えて
髪の毛が真っ白になろうとも
体が動く限り、声がでる限り
このガンドックの問題に取り組んで
行きたいと思っております。
ガンドックの問題は、センターに収容される
数を減らすばかりではなく、その根本である
狩猟に大きくかかわっており、1年2年で
解決できるまでもなく、その前に
自分達がまず猟犬を知り、問題点を考え
動かなければ、何一つ変わる事がありません。今はただじっとその時を待ち
その間救える子達を迎えて行きたいと
思っています。

この場をお借りして
皆々様に心からお礼申し上げます。

チャリティTシャツのご協力も
本当にありがとうございます。


執事様へ
ザボンを迎えに行く車の中で
『すべてがザボンの命のほうに動いている』と言ってましたね。
あの時間場所、本当は間に合うはずがなかった・・・。そんな奇跡のような体験を
何度かしてきました。
茨城のセンターから来たデイジーだってそう。ちびぞだって・・。
本当にありがとうございます!
ここから先は、今度会ったときに
直接伝えます!!画像のお礼とともに♪
Posted by ボン at 2011年07月11日 00:48
かわいいボン様かわいい

執事はドライブは好きですんで、申し訳なく思うことは
ちーともないっす。
しかもお犬用に無駄にデカイ車一大決心で買ったのに、
たった2年しか執事犬は使わずにお空行きやがったから、
有効活用しないともったいない顔(イヒヒ)
ほら、どケチ執事はモッタイナイのが大嫌いだから。

いわゆるボランティア、執事は好きくないのです顔(ペロッ)
したいことしてるだけだし、趣味なので。
ボランティアっていうと、なーんか、いい人っぽく聞こえるのも、
黒執事的には本気で居心地悪いし、そんなこたーこれっぽっちもしたくねぇし顔(汗)

出逢ったのはもうこれ、絶対必然顔(イヒヒ)
ガンドッグに関わるとは思ってなかったケド。
20年前に三毛犬と出逢い、初めて命と暮らし始め、
同じ頃に初めてしっぽと暮らすってことの質を
考えさせられるきっかけになったのがE・セターだった。
何気なく過ごしてきたケド、20年経って、
図らずもまた巡り合ったのだと思うから。
ボラにも保護活動にも近寄る気はさらさらなかったけど、
これはもう確実に“しっぽのお導き”と思っております。
えぇ、“執事”ですんで、しっぽに使い倒されてなんぼでございます顔(イヒヒ)

仕返しじゃーございませんよぉ、愛ですよぉ→にやりっ。

ボン様のガンドッグへの想い、姿勢、執事、尊敬しています。
そして、しっぽといるボン様みていると
なんてしっぽといる姿がハマっている人なんだろ@@と
思うんです、いっつも。

だから、応援団しますっ。
だって、したいんだもんっ。

ボン様・執事コンビの後からよくよく考えると、信じらんない@@
っていうパターンはきっとお空部隊の仕業でしょう。
執事犬お空部隊はたった3匹とはいえ、
どやつもそもそも半端ないやる気がウリで、
執事使い倒すという特技をお持ちだったしっぽ達。
うち2匹はボン様ゆえの執事犬。
で、ボン様付きのお空部隊はなにせ1個大隊はいるでしょうし@@

そりゃー、やるでしょ?
調度、2人揃ってんなら、やれってことでしょ。
お空部隊の采配、きっと顔(ペロッ)

デイジーやちびぞ、執事が呼ばれちゃう犬って、
半端ないやる気犬なんだと思ふ。
きっと執事はそういうコにたまらなく魅かれちゃうんだと思ふ。
獣医さんが呆れるあるいは首ひねる系しっぽが執事好みってこと。
常識なんかくそ喰らえで淡々と生きるしっぽ達顔(ペロッ)
そこまでやるか?っていうのがドツボゆえ。

次逢った時に、顔アップさらしたなぁ!!と蹴られないことを祈るふらふら
どつかんといてぇ〜〜〜〜。
Posted by 執事 at 2011年07月11日 16:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2739620
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック