2009年08月30日

人の都合、犬の都合

犬と人は種が異なります。

いろいろそこには異なる故のやりくりが必要になる。

で、犬の飼い方ってのはそれぞれいろんな価値観や環境や条件があるよね。



よそ様を見ていて、執事的にそいつぁーちっと戴けないんですがっ顔(汗)てこともある。

(執事自身が“おめぇーがちっと戴けねーよ”って存在かもだがあせあせ(飛び散る汗)


明らかに、おかしーですからたらーっ(汗)っていう確かな根拠があるものを
正しいと誤解してたり、当たり前ってやり過ごしちゃって、
その結果、何らかのマイナスが犬に回ってくるっていう事態は
執事的にはどうしても、戴けないと思えてしまうのだ。

それは人災じゃねーか?!って。


で、昨今、ネットの普及で、かなり執事的にはガタガタブルブルもんな情報が出回ってるし、
それを信じて実践しちゃってる方も結構見る。
かなり極端な恐ろしいこと、よかれとせっせと頑張ってる方も見る。

あえて書く。

犬にサツマイモのみやら野菜のみやらおからのみなんていう食事を与えることは
明らかに害だ(と執事は思っている)。
獣医学的にも犬の栄養学的にも害である(と執事は思っている)。

ただし、ごく稀ながら、重度のアレルギーで動物性たんぱく質が
強度のアレルゲンである場合を除いてだが。
その場合でも、ジビエやアミノ酸製剤などの投与などでの
たんぱく質摂取は欠かせない訳だから。


と脱線しちゃったが、そこまで極端じゃなくとも、
それってどうなの?ってかねてから執事が思っているものがある。


コヤツ。

               給水ボトル.jpg

ペットショップ御用達、給水ボトル。

確かにね、これ、水が飛び散らなくって、人にとっては都合いいと思う。

だけどね、犬にとってはどうなんだ??



犬は水分を飲む際にベロの先端を裏側にくるっと曲げて、
調理器具のお玉のようにして掻きだす感じで
すくいながら飲んでるんだよね。

給水ボトルではその動作は出来ないんだよねたらーっ(汗)
しかも、高い位置なんかについてたりした日にゃー、上向いて水飲むという
お犬的にはかなりの苦行を強いられるんだよねもうやだ〜(悲しい顔)


人には都合いいかもしれない。いちいちこぼした床を拭かないで済むから。
でも、その都合を優先させた結果が、わんこの水分不足に繋がるのなら
それはどうなんだ??と執事は思うんだ。


実際、お皿方式とボトル方式だと、お皿方式の方が飲水量は増えるってのがほとんど。




もうひとつ、執事的に気になっていること。

お犬が狭いところに入れられるのは可哀想だからと、重篤な事態でも
入院させないという方がいる。

これって、クレートトレーニングをしておけば、お犬のストレスはかなり解消できることだよね?

まぁ、入院拒否まで行かずとも閉じ込められて可哀想って感覚は
多くの飼い主に存在するんじゃないかな?

勿論、執事も出来る限り入院はさせたくないって思っている飼い主。
お家が一番ストレスなく過ごせるってことは事実だと思うからね。


でも、自分で治療できない以上、医療がプラスになるという場合には
最大限に医療を使いこなしたいとも思っている。

だから、執事家ではもれなくクレートトレーニング(正確には執事家では
クレートではなくケージだが)をしてきた。ちょびも預かりっこも。
病院で、飼い主と離れて、というストレスはどうしたってかかるけど、
せめて、狭い環境に入るということには慣れておくことで
ストレスを減らしてやりたいと執事は思うからだ。
同様に、安静が必要な加療期にケージレストが出来るようにと思うからだ。
犬に静かにしてろって言ったって、通じないからね顔(汗)
ストレス少なく、静かに出来るようにしておくことは大きなプラスだと執事は思っている。


昔は、今ほど、動物病院も過密でなかったから、入院の際などにも慣れていないコには
広めのケージを使用してくれるなんていう配慮をしてもらえた時期もあった。
でも、昨今は大抵の病院の入院スペースはかなりの過密もうやだ〜(悲しい顔)
広いケージどころか、スペースがいっぱいで入院できないなんて事態すら
起こっているしね。

だからこその、いざという時のためのクレートトレーニングなのだ。
もし自然災害なんかで避難生活の場合にも、クレートトレーニングは絶対にプラス。
なにせ、執事は執事車でちょびと本気で避難暮らしするシミュレートして、
準備してた人だからね。

執事は自分が出来ることで、お犬の負担が減ることは、出来るだけしてやりたいと
思ってるからね。

別にトレーニングって言っても、がむしゃらにやらずとも、ドライブの際には
クレートを使うとか、ベッドとしてクレートを使うとか、日常の中で
強制でなくできることだからね。
しかもだ、お犬って狭いところ、嫌いじゃないしね。
雷なんかにビビるコって隅っこ行きたがるでしょ?
人間もそうなんだけど、囲まれた空間って安心できるのよね、本能的に。
それがそもそも慣れている囲われた空間だったら、かなり役に立つ。
パニックしてる時にいきなり“閉じ込められる”のはストレスだけど、
慣れている“安心できる空間”に籠るのはストレス回避行動だから。


そういう人のちょっとした先をみこした配慮でいつか役に立つことってあると執事は思っている。


閉じ込めるなんて可哀想って言うのは簡単。

だけど、執事は思うよ。


入院しなきゃいけないほど具合悪い時に、経験したことのない狭い場所に
いきなり閉じ込められる方が可哀想じゃないかい?って。



同じようにね、病院自体がストレスで可哀想って言う人、多いよね。

だったら、慣れさせる努力したらどう?って執事は思うよ。

ちょびだって、10年かかって病院に慣らしたんだもん。
最初は震えるわ、ちびるは、暴れるわ、逃げるわ、だったんだもん。

マジで、病院連れて行くの、ブルーだったし、執事もうやだ〜(悲しい顔)
ただ、ちょびはいろいろ疾患があったから、否応なく、行かざるを得ず、
そうやって頻繁に通っているうちに、だんだんと(まぁ、でも2年はかかったけどたらーっ(汗)
慣れていったんだもん。

10日に1回、月に3回、2年通って、慣れたんだもん。


お陰で、晩年はそりゃー病院は第二のお家状態で、目いっぱい、医療を使い倒して
奴はのぉのぉと生き倒した。

病院なんか行きませんって腹くくってるなら、執事は何も言わない。

でも、具合悪くなった時に、病院に頼ろうと思うなら、やっておくと役に立つことは
あるハズだ。

そして、それをせずに、いざとなった時に
慣れてないからとか
いい先生がいないからとか
いろいろ理由を述べちゃうなら、それはやっぱり後付けの「言い訳」だと
執事は思う。

やった結果、それでも駄目だったなら、仕方ないよねって言えるけど、
やってなくって、後付けしてるなら、それは自分が引き受けなきゃいけない責任だ。

結果として損をするのは、マイナスを被るのは、結局はわんこ。
可哀想って思う、人じゃなくって、
実際に可哀想な思いを被るわんこだ。



だからこそ、自分がわんこのことを可哀想って思いたくないなら、
わんこに実際に可哀想な思いさせたくないなら

なにをすべきかってことを自分なりに考えなきゃいけないんじゃないか?って執事は思う。


目先だけじゃなく、わんこの将来もきちんと見据えて。


(入院に関しては、シニアの場合や、どうしてもメンタルが弱いというケースも
勿論あると思います。
ですが、どんなケースでも、慣れがあるのとないのではかなりそのストレス度は
異なるとも思っています。
絶対ではないけれど、慣らすという努力で解決できることもあると執事は思っています。)

inubisline.gif
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へぴくはどうしたって?
先日はゴロゴロピカピカ雷に大パニック顔(汗)人間のトイレに籠ってました。
ケージよりトイレの方が安全と判断したのか?!なかなか賢い。

この記事へのコメント
あ〜この給水ボトル使ってます(>_<)
こぼれなくていいと思ってたけど、確かにワンコにとってはお水飲みにくいですよね(-_-;)
これでお水飲んでむせてる時もあったからそろそろ変えようとは思っていましたが・・・
さっそくお水入れ変えようと思います

ぴくちゃんが美味しそうな太ももになってきてて嬉しいです♪
Posted by ポチ子 at 2009年08月31日 13:45
クレートってうちの場合は避難所という位置づけでした。
ここに逃げ込めば絶対安全な陣地。
隠れ家って子供も好きですよね。
そんな感じ。わざわざ長椅子の裏を通って密かにお篭りしてましたよ。
狭いところ苦手なワンコってそんなに多いんですか?
そりゃ以外でした。
Posted by おくみ at 2009年09月01日 23:09
ペットショップではよく見かける給水ボトルだけど。
ワンコは、バシャバシャと水を飲むものだと思って、我が家では大きなステンレスの器に何時も綺麗なお水を入れていました。
大型が2匹も居たので、飲んだあとはそこらじゅう水浸し・・・。(笑)
公園で水道の蛇口からザバザバと出る水を飲むのも好きだったなぁ〜。噛むようにして飲んでいたけど、あれって本当に飲めていたんだろうか?
Posted by ももこ at 2009年09月02日 10:59
我が家でもパピー時代は「給水ボトル」使ってました。
「ゴミやほこりが入らず清潔な水がいつでも飲めて、しかも水はねしません!」という
キャッチコピーに嵌められました(笑)
これ、多くの育犬書にも「推奨品」で載ってますよね〜☆

でも実際飲んでる姿を見続けていると、
あまりにも不自然な態勢で、しかも喉が渇いたときは一気に飲むので
むせちゃったりして危険だと思ったんです☆
しかも、舌先が痛そうで・・・顔(汗)
執事様ご指摘のように犬って舌で捲り込んで
飲み食いするんですもんね。
なので我が家では今は使用してません☆
お散歩用にもこのボトルありますが、お散歩時の給水にはもっとも不向きかと・・・バッド(下向き矢印)

クレートは災害時や車に乗るときは必需品ですよね
ウチのはお昼寝の時に入ってるみたいです。
無理やりトレーニングした頃は嫌がって入りませんでしたが
不思議と今では普通に自分から使ってますね〜
やっぱり広すぎる空間より落ち着くんでしょうね


話は変わりますが、ウチの近くにも困った飼い主がいて・・・
どうも「かわいがる」という意味を勘違い☆
「お洋服着せて一緒に寝て、
高級ペットフード(ってホームセンターで一般的に流通してる○○のために作りました!ってヤツなんですけど)食べさせてるんです。かわいがってます」なんて。
は?は?って感じです。
(↑このフードが悪いわけではないんですけどあせあせ(飛び散る汗)
また、公共の場所でノーリードにして、排泄物は放置。
「犬は自由に遊ばせたいし、このコとってもいいコなんです〜」

・・・絶句です。
最低限のルール&マナーも守れないならペットを飼う資格なし!ですよ〜むかっ(怒り)
躾の意味は「ペットを守る事」でもあると思うのに・・・
こんな人に飼われてるペットは本当にかわいそうです。
まさしく人災ですよ〜たらーっ(汗)
困ったチャン、どんどん増殖していて本当に迷惑ですよね〜顔(ぷんっ)


なんて長文コメ失礼しましたあせあせ(飛び散る汗)
Posted by tomochi at 2009年09月04日 11:16
お久しぶりです。りいつもこっそり見ています。
入院時にあたりケージで大人しくするトレーニングをするべきだと言うのは、
執事さんにとって動物病院は多大な信頼を寄せ、最善を尽くして良き方向に向かう
であろうと期待を寄せる存在なのですね。
我が家は、こまめに病院に通っていたにも関わらず腕利きと評判の2人の獣医に
「打つ手がありません」と宣告され、宣告後2日後に死にました。
病院の無力さを実感しました。
自分の父親が医師で、同じく「治らないものは治らない。病院に来て治ると勘違いしてる人間が多過ぎる」という口癖を思い出しました。
うちの犬はケージが本当に嫌いでした。
飼い初めからシニアではなかったけど、不可抗力な病魔の為にケージに無理やり
入れなくて良かったと私は思っています。
これを目先のことだとか言い訳、と言われると悲しいですね・・・
もし再び保護犬の里親になるとしても、その子の苦手なことは強いるつもりはないです。
ダメな飼い主(候補)かな。

Posted by もじ子 at 2009年09月05日 00:18
かわいいポチ子さまかわいい
あれ?そうだったっけ??
るくお君っておやつをサークル内のお皿から
食べてる画像の
イメージ強かったから、てっきりお皿方式だと
思ってた。飲水量ってシニアは腎臓も来るし、
大事だったりしますものね。こぼれるのはそれこそ
ペットシーツ敷いておけば解決な問題だから、
1度試してみる価値あると思います。
シニアになって衰えてから気付くってこと多いんですよね。
フローリングもそう。。。
滑るようになって初めて、あぁ、負担だったんだって・・・。
元気な時はカバーできること、カバーさせずに
こっちが気付いてやれれば、その分、負担減るのだなって
しみじみ思う執事です。

かわいいおくみさまかわいい
 多いみたいです。
我が家ではじゅりあ以外はみんなあっさりOKでしたが。
じゅりあは徐々にでしたねぇ・・・。
閉じ込められてた経験持つ子は拒絶感強いのは事実かも。
そんなじゅりあでも、不安要素の強いドライブでは
自らケージ入ってましたケド顔(ペロッ)
無理矢理やろうとせずに自然に慣らすと、少しずつかも
しれないけど、慣れて来る気はします。
じゅりあは最後は天蓋ベッド、超気に入ってたし顔(笑)

かわいいももこさまかわいい

大型犬は豪快に飲みますものねあせあせ(飛び散る汗)
まさに水浸しかとたらーっ(汗)でも、それほどの量を飲むからこそ
ボトル方式では追いつかないんですよね。。。
水道の蛇口から、たまにやってるコを見かけるのですが
我が家の歴代わんこはちょび以外は出来ませんでした顔(ペロッ)
ちょびもどうしてもな時以外は遠慮しますだった。
見ているこっちは豪快でいいなぁと思うのですがね。

かわいいtomochiさまかわいい
 ノーリードで排泄物放置・・・もうやだ〜(悲しい顔)
多いよね、ここいら。
夏の間、日の出と同時な散歩してたのだけど、
まぁ、手ぶらな飼い主の多いこと@@
お互い最寄な公園、放置うんP、土盛って処理じゃない?
ぴくさん、掘るのよ顔(泣)マジで、勘弁だ〜〜〜と。

わんこの肩身が狭くなることは困るなぁって思います。
Posted by 執事 at 2009年09月05日 03:30
かわいいもじ子さまかわいい
ご無沙汰しています。
マルセル君のご冥福をお祈りします。

まず最初に↑の私が書いたことがもじ子さんを傷つけたことを
お詫びします。

最初に書いているように、いろんな価値感が存在すると
思っていますし、私の価値観が絶対ではないですし、
それを強制する気もありません。
ただ、自分の経験がなにげなく当たり前と思っていたことを
??っていうそれぞれが考えるきっかけになるかもと思って、
私の意見を書きました。いろんな意見知らずして選択するより
いろんな意見を知って選択した方が
よりよい自分なりの選択が出来るのではないか?と
私自身思っているので。


私にとって医療とは↑にも書きましたが、
“自らの選択権で使いこなす”ものです。
ちなみに私自身は医療関係である生命倫理、その中でも
“治らない”終末期医療を専門に学んだ経験があります。
もじ子さんのお父様の口癖、正にその通りと深く同感です。
だからこそ、自らの意思で選択しますし、
選択できないわんこの分は私が変わって選択する!と思っています。
同時に、医療では“治らない”ケースでも、
飼い主だからこそできる
“サポートする”ことはできると強く思っています。

また、同時に、全ての医者に
多大な信頼を寄せ、最善を尽くし良き方向に向かうとは
これっぽっちも思っていません。
全ての医者に期待も寄せません。

私自身で関係を築き、自分の選択眼に適うと判断した医者には
“一定の”信頼は置きますが、それでも、お任せという形で
内容を把握することを放棄したことはありません。
全て、自分の決定において、選択したいと願うからです。
また“評判”はその選択の際には、重きは置きません。
人の評判ではなく自分の選択眼だと思っているから。

“この人が駄目というなら、それは本当に駄目なんだな”って
思えるくらいの信頼がなければ、命は託せないと
思っています。
また、命は私のものであり、医療措置を
選択するのは自分であり、最終責任は選択した自分にあると
考えています。


これは人であろうとわんこであろうと同じです。

私は“無理矢理”クレートトレーニングは意味がないと
思っています。
自然に、本能に従って、お籠りできるように慣らすこと、
時間をかけるからこそできるのでは?と書いたつもりです。
“いきなり”“無理矢理”をしない為に。
その為に事前に出来ることがあるなら、しませんか?と
思っています。

疾患は常にいつも不可抗力。
だからこそ!と私は思っています。
“無理矢理”をしない為に。
“いきなり”をしない為に。
その為になにができるかを精一杯考え、
実行したいと思っています。

それぞれの価値観の中での考えた上での選択であるなら
それは違いであって、“ダメ”とか“良い”とかでは
ないとも思っています。



私自身も病院の無力さで先代犬を亡くしています。
また、ちょびも8歳までは全く病院に恵まれず、
通院していたにも関わらず、
晩年の疾患に結び付いたと思われる疾患を
極限まで悪化させました。

そういう積み重ねの中で、病院の限界を知り、
また同時に自分の無知さも思い知っての今です。
医者は、最終的には“打つ手なし”と言えちゃう人だということ。
飼い主はたとえ“打つ手なし”でも何とかしたいと
思う人だということ。


その事実を思い知って、だからこそ、否定からではなく、
いかに使うかという自己決定をしようと思い、医療の
“いいところ、役に立つところ”は徹底的に使い倒したい!
同時に飼い主の自分に出来ることは全部したい!と
思うようになりました。
その為の努力は惜しまずにやって来たつもりです。
その結果、私は医療は無力ではないと改めて実感しています。

私はるるもちょびも、主治医と一緒に彼らの命
預からせてもらったと今、思っています。
主治医とは役割は違えども、一緒に彼らの命をサポートする
仲間であったと感じています。


一度は病院など無力だと思い知った1飼い主が、
今、180度異なる実感を持てたという1ケースです。
その10年を振り返って、↑を書きました。

実際に多くの方が病院に対する無力感や不信感を抱いていると
感じます。
だからこそ、病院が無力であると思うなら、病院に頼らずに
不可抗力な疾患といかに飼い主として向き合うのかということを
考えるきっかけになったらと思いました。

少なくとも、私自身は、何度となく病院って!!という
絶望を過去、味わったにも関わらず、
使い方次第、相手次第では無力でない病院もあると今言えるから。


私がどう思うかではなく、もじ子さん自身が納得行く形で、
最後までわんこと寄り添えることがなにより大事なことだと思うから。

誰もが旅立った後に納得行かないことを残すことなく
送ってやれる関係を築けたらいいのになって
そう、心から思うから。

私はちょびの8歳以降の医療に関しては
なにも思い残すことなく送ってやれたから
だから、私のケースがこれを読んだ方、
それぞれなりのやり方を改めて考えるきっかけになったらと。

それがもじ子さんを傷つけてしまったことは
とっても申し訳ないと思っています。
ごめんなさい。
Posted by 執事 at 2009年09月05日 03:59
もうかなり前ですけど
「いい獣医師見つけようキャンペーン」を
やりましたよね(名称は正確ではないがあせあせ(飛び散る汗)
技術もさることながら、お金だって無限にあるわけじゃないし
やっぱり飼い主にとったら獣医さんとの相性も大事だし・・・。
それから、ご近所の評判の基準が「腕」だったり「診察代(が安い)」だったり(爆)
っていうのの中から、正しいものを見極める目を養わなくっちゃ、って。
そして何より、獣医師を選ぶ以前に
獣医師に認めてもらえる飼い主になろうGoodって。

ちょびちゃんを遠くから見送らせてもらって、
そして自分でもデコを送って(送ることになって)みて
信頼する獣医師と飼い主が、「それぞれでいのちを支えること」
の大切さを実感しました。
信頼と依存は違う。
その時々にできる限りを尽くして
自分の手元から送り出すことができたと思うから
後悔や不満はありません。
担当の先生だけじゃなく、
病院のスタッフみんながデコを悼んでくれる、
デコの想い出話ができる関係、まさしく仲間だなと思うこの頃です。
Posted by バデ母(バニ母) at 2009年09月05日 14:21
かわいいバデ母さまかわいい

 やったねぇ、そういえば。
めくってみたら、なんと2年近く前でした。

http://letsgochobi.a-thera.jp/article/1187744.html

↑のバデ母さんとのコメントのやりとりを改めて読んで
あぁ、あの頃から思っていたことは今も変わらないって
思えた執事です。
Posted by 執事 at 2009年09月10日 12:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1806531
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック