2012年08月07日

2012年7月分ご参加者&2012年6月分・7月分お届け報告





1coinfor6days.jpg





“1Coin for 6days”2012年7月分ご参加者


おくまま様   ユズポン様   TRINO様   サリーママ様   れんママ様   
まりあ様   かおる様   コロママ様   MIKU様   kaori様   
マメ犬様   M.A様   チャコばば様   千様   スハラ様 
milkママ様   ベグビボママ様   こむママ様   ミカ様   ミヤ様
松本あきら様   ともこ様   なびこ様   ゆの&さん様   moko様
てこ母様   ラティーマム様   うつぼ様   qoomom様   Andymama様
TRINO様   kameya様   執事


(お振込日付順)




以上 33名 総額¥48、500



遅くなりましたが、7月分の参加者の皆様のご報告です。

皆様、今月も変わらぬお気持ち、お寄せ下さり、本当にありがとうございます。



そもそも執事、“瞬間湯沸かし器”なんて称される突っ走り型。
で、地雷踏んでは爆死がパターンあせあせ(飛び散る汗)

本当にお恥ずかしい話なのですが、加減知らないものですから、ふと気付いたら、
とんでもないことになっちゃったよたらーっ(汗)っていう極端も多々。

でも、だからこそ、継続して続けているCACIの活動に魅かれます。
ぶれずに、ずっと芯を通して、一途に進むその姿勢に。

そして、そんなCACIを応援し続けて下さる皆様に。

だからこそ、続けることが本当に苦手な執事が、よたよたながらも、やっぱり続けたいと
思えています。

本来の性格からですと、迷惑かけちゃう位なら、きっぱりやめた方がいいハズっていう
ネガティブ思想全開になる執事なんですが、
こうやって続けているCACIの活動に
こうやって続けて下さる皆さんの姿勢に
自分もそうありたいと心から思うゆえ、
続けて行きたいと願っています。

本当に浮き沈み激しい性格で、続けることが何より苦手な執事ですが、
まがいなりにも続けて行けるモチベーションは同じ気持ちで応援したいと
思い続けて下さっている皆様の存在です。


本当にありがとうございます。

自ら言いだしっぺやりながら、ご報告せずの放置で、皆様のご信頼を裏切り、
もうご参加戴けなくても当然なのに、
今月もご参加下さった皆様がいて下さったことに、心から感謝を。


全く個人的な事情なのですが、人生の大きな変化がいっぺんに訪れ、
テンパっております。
やっと、自分なりに、出来ることを誠実にやってゆくしかないと自分に整理を
すこし付け始めた所です。

まだまだ先は見えないのですが、少しずつ新しいことに、自分なりのやり方で
向き合って行きながら、
傍らに笑う人のいないしっぽ達への想いを寄せ続けて行けたならと願っています。

生きることに忠実な、モノ言わぬしっぽ達。
だからこそ、執事はしっぽ達に魅かれるのでしょう。

彼らに少しでも自分なりに出来ることを、皆様と一緒に続けて行きたいと願います。



前回ご報告いたしまして、お預かりしていたお届け漏れ分および6月分、
そして↑でご報告させて戴いた7月分を8月6日、CACIにお届けして参りました。

夜のお当番の忙しい中、お時間戴いてパシャリ。
竹ちゃん、ありがとうございます。
今回はキーパーも特別参加で。


1Coin 2012.7お届け.jpg


1Coin 2012.7お届け2.jpg





CACIのHPの掲示板にてご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、
CACI代表ボン様、SOSが入ったハスキーのレスキューに。

執事的にはなぜそこまで・・・・と思える困難の中、
決して近くはない現場へ自ら通っていらっしゃいます。

現在30頭の預かり様・里親様を募集しております。
ぜひ、ご覧いただけたらと思います。



ハスキーレスキュー

ブリーダーレスキュー、さまざまなご意見、あるかとは思います。
ただ、彼らも“傍らに一緒に笑って彼らの命を最後まで見届ける人”がいないしっぽ達です。

本当に本当に、しっぽ達の命は“人”次第。
たった1匹、執事犬のちょびの犬生しか守ってやれていない執事ですが、
彼はまさに執事の相棒でした。

彼から、執事はどれほどの笑顔と幸せを貰ったことかしれません。

そもそも“ちょび”という名は有名な漫画“動物のお医者さん”のハスキーから貰ったもの。
“小さき者は全て《ちょび》”という飼い主ハムテルの友人二階堂君の法則?で、
勝手にちょびと呼ばれ続けたお蔭で、
飼い主ハムテル的には納得いかない、なし崩しで決まってしまった名前《ちょび》。

まさにまさに、“ちいさきもの”だったゆえ、22年前に相棒にその名を戴きました。

ハスキーブームの立役者だった《ちょび》。

22年後の今、行き場を失った彼らに“彼らと笑ってその犬生最後まで寄り添う人”とのご縁をと願います。



にほんブログ村 犬ブログ 狩猟犬へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ニックネーム 執事 at 01:20| Comment(1) | TrackBack(0) | CACI支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする