2009年08月08日

二度目だから

前回の動画で、ぴくのおりこうさんぶりが分かる方には分かるかと。


ちゃーんとこちらの意図を読んでるんです、ぴく。
声色だけで、お座りしてるしね顔(笑)
人にちゃんと注目するってこと、しっかり出来るコなんです。



だから、執事はぴくにはいわゆる“コマンド”を入れてのしつけというものは
していません。

入れようと思えば、入ります、確実に。

(プロに3か月も預けて、大枚払って、結果“おそろしく頑固ですねたらーっ(汗)”とプロの保証付きで
コマンドかけるとちゃんと理解したうえで、“それだけはしねー!!犬(怒)”って
断固拒否するという恐ろしい訓練を身につけちゃったちょびを思えば、
踊っちゃう位、入ると執事は確信してます。)


でも、それは必要ならば、ぴくが本当の家族と一緒に十分覚えて行けると思うので。


なにしろ、執事家に来た当初、ぴくはぴくぴくしっぱなしのわんこでした。
お外でも、お家でも。


慣れるまではこっちは普通に、(ただし健康状態の観察は怠りなく)過ごしてると
いつの間にか、馴染んでくるもんだから。
執事はあまり構うということもしません。
あくまで普通にすべきことをするだけ顔(ペロッ)
お好きなように過ごして下されというスタンスです。
執事はここにおりますよって。


そうすると段々、勝手にそのコなりのやり方で執事家に馴染んでゆきますから。



執事なりにぴくを見ていて、ぴくはなによりも
“人”が好きなんだなって思います。

ご飯よりも好きなのは“人”。




ぱっと見、非常に聞きわけがいい。

でもね、微妙に違う気がして来た執事・・・。

今の聞きわけの良さにはぴくぴくゆえの怯えが付いてないか?って。

なんにも教えちゃいないのに“イケナイ”って言葉に反応するんだよね・・・。
かなーり・・・。
物音に過敏なのもね・・・。




そういうぴく相手に“コマンド”として“イケナイ”をかけたくないなぁって思えてしまって。



まずは目いっぱい遊びながら、誉めてもらえる楽しさを存分に味わってほしいなぁって。
楽しいことを楽しいって思ってほしいなぁって。



これは、実はちょびに対する悔いから。
ちょびには誉められる楽しさの前に、
“従わねばならぬ”服従を叩き込んでしまったから。



ぴくを見ていると、誉めてぇ〜〜〜〜とばかりに、まぁ、満面の笑みを浮かべて
ダッシュしてくるんです。

病院でもそう。
遊んでくれる先生相手に、まぁぴくさん、毎回大はしゃぎです。


ぴくはあまり楽しいことを知らない3歳かと。
パピーが如く、人と遊ぶことに夢中です。
撫でて欲しくて必死です。

で、同時に限りない我慢も知っているコです。
全く吠えませんし、やっと最近、鼻を鳴らして甘えることを
始めたくらいで。

要求するってことがないコなんです。
唯一の要求が、ただただ撫でて欲しくて、すり寄ってくるってコ。




執事がちょびにやっちまったように、頭ごなしに抑えるのではなく、
一緒に楽しみながら、誉める・誉められる楽しみの中でお互いの関係を
作れたなら、かなり楽しいわんこだと思います、ぴく。
可愛がった分以上に、その何十倍もの嬉しいっ!楽しいっ!を感じるであろうコです。


現在、散歩ついでにロングリードを使いながら、すこしずつ離れた場所から、
“おいで〜”遊びをしています。
ぴく、かなりお気に入りです。一目散にすっ飛んできます。
まぁ、そりゃ、嬉しそうな顔して。

テンションあげて向かい合うと、どんどんぴくらしさを発揮するコです。

傍目からみたら、呼び戻しの訓練に見えるのかも?ですが、
執事的にはこれっぽっちも訓練なつもりはなし。
別に来なくっても、それはそれ。
ぴくが楽しいならいいじゃない?ってことで。

こうやって一緒に遊びながら、かなりいろんなこと出来るようになっちゃうコじゃないかな?って。




成犬は懐かないというまことしやかな神話。

これは一部の特殊なケースを除いて、当てはまらないと執事は知っています。
なにせ、執事の周りには赤い糸掴んだ、そりゃもぅアマアマな成犬が
たくさんいますから。

普通にお世話するだけの執事に対してさえ、
るるも、じゅりあも、樸(あらき)も、ぴくも
ちゃーんとそれぞれなりにそれぞれらしく懐いてくれましたから。


これが本当の家族相手なら、そりゃ、懐かない訳ないっ!!
執事はそう思っています。

懐かせようとして懐くもんではありません。
普通に、向き合っていれば、いつのまにか、当たり前に、馴染んでくるはずです。

向き合えば、向き合うだけ、お互いの関係は育ってゆくはずです。


そういう積み重ねが、わんこと暮らす醍醐味で、たからものなんだと思います。




いつの日にか、執事も、そうやってまた(出来るなら、いややっぱり)
三毛犬とじっくり向き合えたならって思います。

そんなことに気づかせてもらった2度目の三毛犬。



去勢手術も無事終了。
抜糸が済めば、準備万端のぴくです。

なにしろ気になるらしい、傷のガーゼを剥がされぬよう、がっちりパラボラ装着して
乗り切って戴きましょう。
当初のぴくぴくぶりをご存じの先生は、大丈夫かしら?ご飯食べるかしら?と
心配して下さいましたが、まーったく無頓着にご飯も食べてますし、
伸びてますし、
へそ天もしてます顔(イヒヒ)




残すところあと少し、預かりとして、ぴくに持たせてやれるものはただひとつ、
ぴくの満面の笑顔だと思っている執事です。

inubisline.gif
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へいや、もう一個持たせます。
宣言通り、お肉をねGood現在400gグッド(上向き矢印)あと200gは付けたいのぉ顔(イヒヒ)
足りない分はお肉の元のご飯付けてやろうっと顔(笑)